PRESS

洋菓子コース
洋菓子コース PARTⅠ
IMG_4784.JPG

<シュー・ア・ラ・クレーム>

シュートは、フランス語で「キャベツ」という意味。

そして「稲妻」の意味を持つエクレール。

​ふっくらと膨らんだ生地にたっぷりのクリームを入れて。

<ガトー・フレイズ>

日本オリジナルケーキの代表的存在。

​ジェノワーズ、生クリーム、イチゴの組み合わせが定番になっています。

GGYS0470.JPG

<フール・セック>

「釜(オーブン)で乾燥させた」という意味。

​ひと口、ふた口で食べられる、お洒落で手軽なお菓子です。

<ムース・オ・ティ・ベール>

抹茶のジェノワーズとムース。

​そして大納言かのこも加わって、純和風ケーキの出来上がりです。

<タルト・オ・アルザス>

フルーツの宝庫、フランスのアルザス地方では​

​リンゴの焼き菓子が多いことから、この名前がつきました。

<ルレ・オ・フリュイ>

2種類の生地を作り、それぞれベストマッチの

​クリームとフルーツでロールします。

洋菓子コース PARTⅡ
IMG_E0838.JPG
ICVI0758.JPG

<カーディナル・シュニッテン>

オーストリアのウィーンを代表する伝統菓子。

白と黄色の縞模様の生地でたっぷりのクリームを

​サンドします。

<パリ・ブレスト>

自転車レースがきっかけで作られました。

リング状のシューにプラリネクリームを絞るのが

​お約束のケーキです。

09.ムース・オ・フロマージュ 3.JPG
IMG_1612.JPG

<ムース・オ・フロマージュ>

爽やかなチーズのムースに、​

真っ白な衣を着せて清楚に仕上げ。

​日本で人気の高いケーキのひとつです。

<ミルフィユ>

ミルは千、フィユは葉を意味し、

数えきれない薄片が重なり合った、

​繊細な味わいのケーキです。

<シャルロット・オ・フリュイ>

18世紀末、貴婦人たちがかぶっていた

縁飾りのついた帽子をイメージして作られた​

ケーキです。

<オペラ>

パリ オペラ座が由来の華麗な雰囲気を漂わせる、

​フランス菓子を代表するケーキです。

洋菓子コース PARTⅢ
IMG_8594.JPG

<ビッシュ・オ・フリュイ>

ダクワーズとクレーム・ババロワーズが

​優しいハーモニーを奏でます。

<テリーヌ>

しっとりとしたマロンケーキを

​サクサクパイで包みました。

IMG_1482.JPG
IMG_1486.JPG

<季節のフルーツタルト>

季節のフルーツをたっぷり使った

​色とりどりのタルトです。

<シュヴァルツヴァルダー キルシュトルテ>

ドイツ シュヴァルツヴァルト地方の針葉樹林帯と

​特産品のチェリーをイメージして作られたケーキです。

IMG_4104.JPG
IMG_4106.JPG

<マンゴーとココナッツのムース>

マンゴーとココナッツを使った

​トロピカルなムースです。

<マスコット>

香ばしいアーモンド風味のクリームと

しっとりしたリッチなスポンジのケーキを

​ヌガティーヌで洗練された仕上がりに。